洗顔後に肌がつっぱるのはインナードライ肌のサイン!

乾燥肌対策

肌表面に皮脂は出るのに、実は肌の水分が足りていないという「インナードライ」。自分がインナードライであることに気がつかないまま、ニキビや肌のくすみなどの肌トラブルを抱えたままの女性はとても多いのです。

⇒ 乾燥肌におすすめなオールインワンゲルランキング

インナードライとは?

インナードライは、直訳すると「内側の乾燥」。その名の通り、肌の表面は皮脂が分泌されてうるおっているように見えても、内側は水分が不足して乾燥している状態のことです。不足している水分を補うために過剰に皮脂が分泌されるので、自分の肌がインナードライになっていることに気付かず、脂性肌混合肌と勘違いしてしまいがちです。

角質層が水分を十分キープすることができないため、肌のバリア機能が低下し、刺激に敏感になって肌荒れを起こしたり、過剰な皮脂でニキビや毛穴の開きができたりといろいろな肌トラブルを起こします。十分にケアしているつもりでも改善されないお肌の悩みがある方は、インナードライを疑ってみてはどうでしょうか。

お肌がつっぱるのはインナードライ肌のサイン

「ドライ」=乾燥肌というと、「洗顔後に肌がつっぱる」「皮むけしてしまう」「目尻にシワがでる」などのサインで肌状態を判断します。しかし、インナードライの肌は、肌の表面そのものは乾燥していないため、気がつくのに遅れてしまうのです。

それどころか、肌の水分が足りないために「もっと潤さないと」とお肌が皮脂を過剰に分泌してしまいます。それを「皮脂肌でテカテカだから、もっと皮脂を取るケアをしなくては」と、さらに油分を取り去るケアに注力してしまいがちです。

しかも、皮脂が出るから洗浄力の高い洗顔フォームを使うなどして、水分が蒸発しやすい間違ったスキンケアを続けてインナードライが悪化する、なんていうことも多いのです。

インナードライを進行させていませんか?


肌は水分量と油分量のバランスが大切です。しかし私たちの自己診断ではなかなかそれはわかりませんし、水分と油分、どちらが足りていないのか、なかなかそれも判断ができませんね。

皮脂がよく出るから・・・と「高保湿」「もっちり」と書かれたスキンケアアイテムは油分たっぷりというイメージで使うのが怖くて、つい「さっぱり」「皮脂肌用」と書かれたアイテムを使ってしまう方も多いでしょう。

また逆に、皮脂を取るためにせっせとオイルクレンジング、さらに皮脂を吸着する成分が入った洗顔料を使って、ちょっと肌がつっぱるけどもともと脂性肌だし、これぐらい大丈夫!と使い続けてしまうという場合も。

この両方ともがインナードライ肌を悪化させている原因になりますし、保湿スキンケアで補ってもダメージをなかったことにはできないほど肌を傷めつける洗顔方法なのですぐにこういったことは止めましょう。

肌がつっぱるのを予防改善するケアを

インナードライにはまず、肌の水分量が大切です。高価な美容液やクリームで保湿ケアするよりも、まずはオールインワンゲルや化粧水でお肌に水分を与えることが先決です。油分が多い基礎化粧品を使うよりも保水効果のあるセラミド配合のオールインワンを使うなど保水をするほうが効果的です。

また「オイルカット」を謳っているスキンケアブランドも多くあるので、その中から自分が使いやすいオールインワンゲルや化粧水を選びましょう。水分を与えてから油分の入った保湿クリームなどで水分の蒸発を予防してください。

またシートパックも効果的です。こちらも保湿目的のものを選びましょう。ただシートパックも使い方を間違えると逆効果、水分を奪う可能性もあります。もったいないからと指定時間を超えた使用はやめましょう。

シートパックに効果的な使い方は、入浴中に化粧落とし、洗顔をして、風呂場から出る前にシートパックを貼ることです。肌がつっぱってきたからと風呂場から出て、慌ててパックをするのではなく、風呂場から出る前に肌に乗せてしまいましょう。洗顔後時間を置かずに肌に乗せることで、乾燥を防ぐことができます。

繰り返す大人ニキビ、肌のくすみも、もしかしたらインナードライが原因かもしれません。お肌がつっぱることが多くなったという時には、皮脂が多く出ていても保湿スキンケアをしっかりと行うようにしましょう。

インナードライ肌に良くない悪い洗顔方法とは


紫外線やエアコンでの乾燥、ストレス、肌に合っていない化粧品など様々な原因で引き起こされるインナードライですが、間違った洗顔方法も引き金になります。インナードライに気付いていない場合、過皮脂を落とすためにさっぱりとした洗顔料で朝と夜しっかりと洗っていることも多いでしょう。

ですが、皮脂を落とすことに重きを置いたハードな洗顔を続けると、必要なうるおいまで奪われて、さらにインナードライを進行させてしまいます。

しっかり泡立てて洗顔して

まず最重要なのは、とにかくたっぷりの泡で洗顔することです。手を裏返しても落ちないくらいのメレンゲのような泡が理想です。泡をのせる順番にも気を付けましょう。皮膚のうすい目の周りや頬からではなく、Tゾーンからのせるようにします。

肌が敏感になっている場合は、手でこすらずにこのまま泡をのせてパックしただけで流すのも有効です。洗う場合には手で肌をこするのではなく、泡を動かして泡で肌を撫でるように気をつけましょう。ぬるま湯ですすぐと肌に負担がかかりにくくなります。

そしてできれば朝は洗顔料を使わずにぬるま湯だけで洗います。どうしても洗顔料を使いたい場合は、泡をのせるだけにして、とにかくうるおいを奪いすぎないようにしましょう。

洗顔料選びでインナードライ改善

通常インナードライの対策としては、肌の汚れを落とす成分である合成界面活性剤が入っていないものを選ぶことが基本です。スクラブ入りの洗顔料は肌の表面を傷つけてしまうのでおすすめできません。

しかし、実際にはあまりに皮脂を奪いすぎないことだけに重点をおいてしまうと、毛穴の汚れが落とせずに角栓ができ、それがニキビになってしまう人もいるでしょう。大事なのは、汚れは落としつつも皮脂を奪いすぎないことです。しっかりした泡立ちで汚れを落とすことができ、かつ少ない刺激で洗える洗顔料を選びましょう。

インナードライは見かけでは脂性肌や混合肌と見分けがつきません。間違ったケアで悪循環になっていることもあります。自己判断するのは難しいのですがセラミドを含んでいるオールインワンゲルや化粧水などで保湿ケアをすることで改善していくことができます。

ターンオーバーが乱れ肌荒れくすみの原因に

外側はべたついているのに、内側が乾燥している肌の状態を、インナードライ肌と言います。混合肌や脂性肌と非常に似ているので、見分けがつかないことが多く気づいた時には酷い状態になっていることも多いのです。

インナードライ肌だと気づかずに間違ったケアを続けていると、正常なターンオーバーが行われなくなり、症状を悪化させてしまう可能性があります。

ターンオーバーの乱れは肌トラブルの元

肌は28日のサイクルで、古い角質から新しい角質へと、ターンオーバーをくり返しています。インナードライ肌になると、ターンオーバーのサイクルが乱れ、通常よりも早いサイクルで行われるようになります。

ターンオーバーが早い分、未熟な角質細胞が増加することになり、角質層が隙間だらけになってしまうのです。角質層に隙間ができると、外部からの刺激に弱くなったり、細菌も侵入しやすくなって、肌はどんどん劣化していきます。

ターンオーバーが正常に行われないと、シワ、たるみ、にきびなどの、さまざまな肌トラブルが起こってしまうようになります。

シミ、色素沈着も悪化しやすい

インナードライ肌はシミができやすく、色素沈着も起こしやすいため、一日でも早くケアを始める必要があります。インナードライの根本的な原因は乾燥ですが、ただ保湿するだけではなかなか改善されません。

ターンオーバーの乱れにより、未熟な角質細胞が増加して、肌自らがつくり出す保湿成分も、どんどん減少していっているからです。さらにインナードライ肌は、肌のバリア機能が低下している状態なので、肌はこれを補おうとして、皮脂を過剰に分泌し始めます。

この皮脂を取り除こうとして、洗浄力の強い洗顔料を使ったり、保湿を控えめにしてしまうと、インナードライは加速します。インナードライを改善するには、正しいケアが必要不可欠なのです。

インナードライを解消するには

インナードライ肌を根本的に解消するには、肌のバリア機能を高め、ターンオーバーを正常化させることが大切です。そのために、次の5つのことを実践してみてください。

美容液などで足りない成分を補う
化粧水でたっぷりと保湿したあとは、セラミドなどの保湿成分が配合されたクリーム・美容液で、足りない成分を補ってあげましょう。

ストレスをためない
過度なストレスはインナードライの原因となります。積極的に発散するようにしましょう。

血行を良くする
身体を冷やさないようにしたり、ストレッチやマッサージを行うのも有効です。

質のよい睡眠をとる
ターンオーバーが活発になるゴールデンタイム(午後10時~午前2時)の間に、しっかりと睡眠時間を確保しましょう。

古い角質を除去する
肌に不要物が残っていると、ターンオーバーを乱し、インナードライを加速させます。刺激が少なく、余分な角質だけを除去してくれる洗顔料を使いましょう。

適切に対処すれば、インナードライは徐々に改善されていきます。あきらめずに毎日のケアを継続しましょう。

バリア機能が低下している状態を改善する方法


インナードライ肌とは、表面は潤っているように見えるものの、肌の内側が乾燥してしまっている肌のことです。インナードライ肌の原因は、肌のバリア機能の低下です。

肌のバリア機能が低下している状態で、間違ったケアを続けると、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。インナードライ肌を改善するには、肌の内側に潤いを与え、その潤いを閉じ込めるケアが必要です。

インナードライ肌をチェック

次のような特徴が見られる方は、インナードライ肌かもしれません。

  • 大人ニキビができやすい。
  • 皮脂が出ている部分と、乾燥している部分がある。
  • 肌が硬くて、かさつきを感じる。
  • メイクのノリが悪い、メイクが崩れやすい。

間違った洗顔方法や、紫外線などの外部からの刺激、過度なストレスなどにより、バリア機能が壊れてしまうと、肌の内部が乾燥して、過剰に皮脂が分泌されるようになってしまいます。この状態を『インナードライ肌』と言います。

現在、女性の8割以上が、インナードライ肌である可能性があると言われています。インナードライ肌を対処せずに放っておくと、ニキビをはじめとして、シワ、たるみ、てかり、毛穴の開きや黒ずみなど、さまざまな肌トラブルが引き起こされるようになってしまいます。

肌のバリア機能は美肌に不可欠


肌のバリア機能と言われているのは、肌の一番上にある、非常に薄い角層のことです。外部の刺激から肌を守り、内部の水分を維持するという、2つの働きを持っています。

バリア機能が壊れてしまっていると、どんなに保湿しても、すぐに肌は乾燥してしまいます。インナードライ肌を改善するには、何よりもバリア機能を回復させる必要があります。

バリア機能が正常に働くようになり、肌の内部でも水分が維持できるようになれば、肌が乾燥しなくなり、皮脂の分泌も抑制されるようになるのです。

バリア機能を回復させるためには?

バリア機能を回復させ、インナードライ肌を改善するには、まず、しっかりと『保水』することです。そのためには、肌の内部まで浸透する、保水力のあるスキンケア用品を使う必要があります。

おすすめの美容成分は、セラミド、ヒアルロン酸、プラセンタです。セラミドには、角層への給水力と保水力をアップさせる働きがあります。特にヒト型セラミドは浸透力が高く効果が高い成分です。

ヒアルロン酸は、肌の内部での水分保持に非常に優れています。そして、プラセンタには、ターンオーバーを正常化する働きがあり、バリア機能の回復を助けてくれます。

またバリア機能が壊れている肌は、刺激にとても弱いので、できるだけこすらないように洗顔します。その後、化粧水、美容液を丁寧に塗り込んだあと、クリームでしっかりとフタをしてあげましょう。

バリア機能が壊れてしまうのは、とても簡単です。しかし、取り戻すには時間がかかります。そうかと言って、焦ってストレスを感じてしまっては、かえって逆効果になってしまいます。ゆっくりと確実に、バリア機能の回復を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました